オーガニックムーブメントの未来を担う若きリーダーたち、Asia Organic Youth Forum (アジアオーガニックユースフォーラム)の中心メンバーとYong Organics(ヤングオーガニクス)のコアメンバーにより、グローバルな情報ネットワーク「Young Organics-Global Network」(https://www.yoglobalnetwork.com/)が2020年6月28日ローンチ!

昨今の新型コロナウイルス(COVID-19)の感染状況を踏まえ、Asia Organic Dayである2020年9月18日に開催されるALGOA(Asian Local Governments for Organic Agriculture)5周年イベントに合わせて本格始動となりました。

2020年10月13~14日には韓国槐山郡で「1st World Organic Youth Summit」が予定されています。オンラインとリアルの両方での開催を予定。この2日間の会議で、世界中のオーガニックユースリーダーが最新の世界中の有機農業の分野でネットワークを構築し、それぞれの分野での有機運動を促進するために提携します。「Young Organics-Global Network」は、今後パイオニアとのメンターシステム構築、ユースサミットの開催、動画の配信や、ユースからの政策提言なども計画しています。

ミッション
◎有機的で持続可能な農業部門の若者を代表する声であること
◎若者の重要な役割が、政策と意思決定の過程で認識され、複雑で多面的なニーズに対応できるようにする
◎有機的で持続可能な農業セクターの若者をつなぐ刺激的なプラットフォームになる
◎有機的で持続可能な農業セクターの若者を社会的および政治的変化に積極的に参加させる

「今、我々が直面する深刻な環境問題や社会問題の解決に向けて、若い世代に力を与える必要があります。YOGNには2つのルーツがあります。1つはヨーロッパで作成された若いオーガニックグループ、もう1つはアジアオーガニックユースフォーラムです。 西洋と東洋が出会い、有機的でオーガニックなライフスタイルを広げ、持続可能な未来の創造のために手を取り合う場所です。 YOGNが有機農業の主流化と持続可能な人間の発展に貢献できることを期待しています。」

共同代表 李峰氏より

Young Organics

2011年2月、ドイツのニュルンブルクのBiofach会場で、100人以上の若い農業者や起業家等のグループがワークショップに集まり彼らの経験を共有しました。そして、すべての世代と将来の世代のために持続可能な未来を構築するべくビジョンを議論しました。

このワークショップから、コアとなる小さなグループが発足し、若い世代からの声が届き、アイデアが共有されるネットワークを構築することが決められました。アルゼンチン、ブラジル、エジプト、フランス、ドイツ、インド、イタリア、トルコからの20人の参加者が集まったのがYoung Organics(ヤングオーガニクス) NGOの誕生です。

ヤングオーガニックスは3年間にわたり、多くのイベントや集会を企画してきました。パイオニアから学ぶことの重要性を認識し、若者がオーガニックやフェアトレードの先駆者たちと出会う場所を作りました。

一方のアジアでは、IFOAM Asiaのサポートで「Organic Foundation Course」という研修を開催してきています。その中の次世代リーダーたちがイニシアティブを取る形で、2016年10月「Asia Organic Youth Forum (アジアオーガニックユースフォーラム)」が設立されました。毎年アジア各国で多くの参加者を輩出しています。

▽Young Organics-Global Network
https://www.yoglobalnetwork.com/ 

▽IFOAM Asia
「ALGOA 5th Year Anniversary and Asia Organic Day」
https://asia.ifoam.bio/algoa-5th-year/

RECOMMEND ▼