薬糧開発株式会社が運営するオーガニックショコラブランド「ジャン=ミッシェル・モルトロー」2020年バレンタインショコラの販売が1月16日より開始となります。2020年のテーマは、“L’inspiration (ランスピラシヨン)”。全材料をフランスの有機認定基準の中から選ばれた食材を使用し、“オーガニックの申し子”ジャン=ミッシェル・モルトローがこだわり抜いて生み出した、大自然を感じる「味わい」と「やさしさ」が込められた100%オーガニックショコラです。

2020年のテーマ L’inspiration (ランスピラシヨン) 
~ショコラがあなたに灯すインスピレーションと情熱~ 

私たちは、五感を通してすべてのものに影響を受けて生きています。カカオの香りや味わいの奥行き、口どけの心地よさ、フィリングとのマリアージュに出会う瞬間を、自由に愉しんでください。カカオには大いなる自然の息吹が宿っています。JMMのショコラが、あなたの感性をひらくインスピレーションとなって、人生に新たな創造性や情熱をもたらしますように。

ル・カカオ -エデン農園- 8個入 3,024円(税込)

ジャン=ミッシェル・モルトロー自らが農園へ足を運び、仕入れたカカオ豆から一貫して作るファーム・トゥ・ショコラシリーズです。農園の名前は「エデン」。ドミニカ共和国でアグロフォレストリー農法(森を再生しながら行う農業)に取り組むエデン農園は、光や土や水をわかちあう森を守りながら大切にカカオを育てています。彼らが自然とともに生きる光景はまるで「楽園」のようです。

2019年のエデン農園産のカカオ豆は、苦味が強く、ウッディなアロマが特徴です。力強いカカオの個性を前面に味わっていただくためのシンプルタイプのタブレットと、今年のカカオの個性に合わせたフィリング(中身の素材)とのマリアージュをお愉しみいただくボンボンショコラをご用意しました。

ル・タブレット・ニブ -エデン農園- 各1枚入 1,296円(税込)
(プレーン・カカオニブ入・オレンジコンフィ入)

ドミニカ共和国“エデン農園”のカカオ豆のみを使用したタブレット。すべての香りやフレーバーが最も良い状態まで高められたカカオ豆をシンプルに味わうカカオ70%のタブレットをはじめ、カカオの様々な表情を愉しむカカオニブ、爽やかな甘みのオレンジを加えた3タイプ。

マリアージュ・デ・クル
4個入 1,350円(税込)、6個入 1,944円(税込)、9個入 2,808円(税込)、12個入 3,350円(税込)

マリアージュとは、2種以上の素材を組み合わせた時に、お互いの味や風味、香りなどに相乗効果がはたらき、最高に相性が良く、美味しい調和を生み出す関係のことです。カカオには、品種や産地によって香りや風味にさまざまな個性があります。「マリアージュ・デ・クル」アソートは、ドミニカ共和国・ペルー・タンザニアの3ヶ国のカカオがそれぞれ持つ、酸味や苦みなどの個性を引き出しながら、ガナッシュ・キャラメル・プラリネをベースとしたフィリング(中身)とのマリアージュを追求しました。

ヴォヤージュ・デュ・カカオ -edition2020- 8個入 2,970円(税込)

カカオ豆は、収穫時期・天候・土壌など、産地のあらゆる自然が映し出されます。たとえ同じ品種や産地のカカオを使っても、ショコラの香りや味わいは年ごとに変わり、ブドウとワインの関係のように毎年違う表情を愉しめます。収穫ごとにうつろうカカオの個性を尊重するため、「ヴォヤージュ・デュ・カカオ -edition2020-」アソートは、世界6カ国から厳選したカカオを使用した6種のシングルオリジン(単一品種・産地)ガナッシュを詰め合わせました。

※その他、百貨店限定商品など全19種を販売致します。
新宿伊勢丹本店、池袋西武本店、大丸東京、阪急うめだ本店、ジェイアール名古屋高島屋をはじめ、全国百貨店38店舗のバレンタイン催事にて販売。販売開始は2020年1月16日より、各百貨店催事会期に準ずる。

ジャン=ミッシェル・モルトロー
JEAN-MICHEL MORTREAU

1964年、フランス中西部生まれ。二代にわたるオーガニック農家のもとオーガニックの恵みに囲まれて育ちました。2000年にオーガニックレストランの先駆けの一つといわれるオーガニックレストランをオープン。自家製のオーガニックショコラが評判を呼び、その後ショコラティエに専任。徹底したオーガニックへのこだわりの品質と味わいが高く評価され、現在ではフランス国内だけでなくベルギー、スイスなどでも販売されています。日本ではバレンタイン・ホワイトデー時期限定でのご紹介です。
http://jmm-chocolate.jp/

RECOMMEND ▼