「有機農業の畑を広げること」「有機農業に取り組む生産者の輪を拡げること」をコンセプトに、1984年有機農産物の組合としてスタートした(有)かごしま有機生産組合。今では、170名を越える生産者が参加する組織になりました。農林水産省主催の「平成30年度未来につながる持続可能な農業推進コンクール」において、最高賞の農林水産大臣賞を受賞。(有)かごしま有機生産組合は有機農産物の生産、販売に意欲的に取り組み、近年では海外輸出も開始しています。

そして、有機生産者と消費者がつながり合い、持続可能なオーガニックライフを広めようと作られた直営店が「地球畑」です。先日19年目を迎えた地球畑「荒田店」と10年目を迎えた地球畑カフェを“次なる10年に向けて”リノベーション。2019年6月12日(水)リニューアルオープンしました。

今回のリノベーションにあたり、ディレクション、デザイン、施工と一貫して手がけたのは、高橋素晴氏。オーガニックフェスタ、ウォークインフェスなどでの全長10メートル以上の竹遊具の数々。グッドネイバージャンボリーのツリーハウス。ベルグ広場のサンタの家。全国の様々なフェスや、イベントなどで、想像を遥かに超えたオーガニックなシンボリックアートを創作。そのアートという一言では語りつくせない高橋氏が生み出す創作物は、見るだけでなく、実際に体験し人が、子供が、交わい楽しむ事で完成するといった、そんな空気感を、いつも感じさせてくれます。

「地球畑」は、現在鹿児島市内にオーガニック専門店を3店舗、オーガニックカフェを1店舗構えています。オーガニックに関する様々な取り組みを行い、「安心・安全」「オーガニック・無農薬」などのイメージが浸透し、ブランディングが確立されつつあります。


今や「オーガニック」は全国的に急速に広まり、その広まり方は世界的にも、一過性のものではない「大きな動き」になりつつあります。“鹿児島のオーガニック最大組織”でもある、かごしま有機生産組合の直営店「地球畑」が約30有余年の集大成と共に、生まれ変わります!

▽かごしま有機生産組合
http://kofa.jp/

RECOMMEND ▼