バルセロナが予想以上の大きなオーガニックマーケットでしたので、マドリードも期待が高まります。首都なので気持ち物価が上がった気もしますが、リーズナブルにオーガニック商品が手に入ることにはまちがいないです。まず普通のカフェに入った時の出来事を紹介します。(笑)

【La Rollerie】

La Rollerieはチェーン店の素敵なカフェなのですが、朝食に利用としたところ、なんとVEGAN(ヴィーガン)対応もあり、ヴィーガンクロワッサンにしました。クロワッサンはバターたっぷりでヴィーガンからかけ離れているイメージを覆してくれて、サクサク感もあって美味しかったですよ!

【Eeterbio Robin & Co food market】 

野菜が一部、冷蔵完備で用意されていました。

日本の健康食品アイテムもやはり豊富です。

味噌やごま塩、玄米酢などがあり、マクロビマークもついていますね。

【Biocentro la Canela】 

こちらla Canelaさんは、オーガニック商品はもちろんのこと、ヨガマットや、ヨガブック、その他ヨガの関連商品が豊富です。

偶像たちの下の段にはオーガニックベビーフードもありました。日本でも有機JAS認証のベビーフードがありますが、肉や魚入りのオーガニックベビーフードはありませんよね。肉入りではポークやビーフなど種類もあって、赤ちゃんも飽きないかもしれません。息子にあげるために買ったので反応が楽しみです!

【naturasi】 

こちらはイタリア製のオーガニックPB商品も豊富です。調べてみるとミラノやジェノバにもあり、イタリアからスペインに進出したオーガニックスーパーのようです。

ヴィーガンアイスの選択肢が豊富でした。ベースはココナッツミルクやソイミルクです。

【Supermercados Ecologico】

こちらは小さなお店ですが、オーガニック海藻もありましたよ。

こちらではスウェーデンの代替医療アイテムの会社、A.Vogelのサンタサピナのはちみつ漬けを見つけました。ノルウェーパインとも言われていて、喉に良さそうです。

【最後に】

今回訪れた全てのオーガニックのお店、そしてデパートにも海藻が置いてありました。海産物を沢山食べているスペイン人にとって、海藻は他の内陸系ヨーロッパに比べて親しみがあるようです。オーガニック海藻の知名度がさらに広がってくれそうですね!

この記事を書いた人

GnR 代表 古屋 真衣

大学時代にオランダの友人実家のオーガニックチーズに出会い、輸入をスタート。今ではALGARAN社のオーガニック海藻を輸入しながら、多種多様なオーガニック食材の認知を日本で深めようとしている。

Instagram
RECOMMEND ▼